1. トップページ >
  2. JRECとは >
  3. 会長 キャロル・ギルビー

JRECとは 講師紹介

会長 キャロル・ギルビー

キャロル・ギルビー
  • ITEC(The International Therapy Examination Council)認定講師。
  • ナチュロパティック・イリドロジー指導員、試験委員。
  • 英国ICM 登録者《Institute for Complementary Medicine= 補足医療従事者》。
  • Champnets College にてマッサージ指導員。

Richadales School of Imperial College of Medicine、Hammersmith Hospital にて講師を務めるなど、英国の医療機関において各種セラピーに基づいた補足医療の実施、指導を長年にわたっておこなっている。

キャロル・ギルビー会長の略年表

1982年 マッサージ、リフレクソロジー、アロマセラピー、ティッシュ・ソルト、ホメオパシー救急療法、ナチュロパシー/Stanley Leif 経営のチャンプニーで教えていた指導者(講師)から個人的伝授
1984年 ナチュロパティック・イリドロジー/School of Natural Medicine. Farida Davidson
1985年 ナチュロパシー/College of Para Psychology and Alternative Therapies
1986年 教職/City & Guilds
1987年 Massage/ITEC.(The International Therapy Examination Council)/I.T.E.C.指導員として登録
1988年 アロマセラピー/Champneys College
1989-1992年 Champneys Collegeにてマッサージ指導員(講師)としてI.T.E.C.より派遣
1989年 リフレクソロジー/I.T.E.C.
1994年 B.R.C.P.(ICM)(The British Register of Complementary Practitioners)に登録
1998年 講師/Richadales School of Imperial College of Medicine,Hammersmith Hospital
1983年より 個人治療
1984年より ナチュロパシーの指導

キャロル・ギルビー会長の経歴

田舎で過ごした幼少期

私はロンドンで生まれ、1年半は両親と共に祖母の家で暮らし、その後、田舎へ引越しました。

母方の家系は、常に自然治療医学および医学への興味を持っていました。私から3代遡った曽祖父はジプシーで、キャラバン移動用の馬を持ち、地方の共有牧草地で暮らしていました。2代遡った祖母はロンドンヘイマーケットで占い師をやっていました。彼女は仕事中10本の指全部に指輪をし、肩にはポケットモンキーを乗せていました。

私の家族は、いつも自分で無農薬野菜を作り、母はそれを生で食卓にのせていました。子どもたちは幼い頃から動物の世話をさせられていましたが、世話を通して動物は人間より感覚が鋭いことを学び、それは私がネイティブアメリカンの文化に興味を持つきっかけとなりました。彼等は大地を敬い、動物からいろんなことを学びます。

コンプリメンタリーメディスンに興味を持ったきっかけ

私の好きな動物はオオカミです。オオカミはいろんなことを教えてくれ、新しいアイデアを浮かばせてくれます。私の行ったネイティブアメリカン文化の研究は、評価されエディンバラ公賞の銀賞を授与されたのも、そういった幼い頃の経験が影響しているのでしょう。

学校卒業後、犬の訓練所で働き、独立後、私は飼っていたジャーマンシェパードのブリーダーを少しの間やっていましたが、あまりにも野良犬の多いことに気がついてやめました。

私がコンプリメンタリーメディスンに興味を持ち始めたのは、飼っていた犬がホジキン病で死に、その後間もなく祖母が癌のために亡くなったときに、その双方の病気には治療法がないとわかったことがきっかけです。そんな簡単に「命」がなくなるということに納得いかず、その理由を探さざるを得ない衝動に駆り立てられました。

ナチュロパシーを学ぶ

そして数年後、ホリスティックマッサージを教えている先生がいるという情報が入り、そのコースを受けてみることにしました。その先生は当時、ナチュロパシークリニック(自然療法クリニック)として“Champneys Health Resort”を経営していたStanley Leifの元で働いていました。

そのマッサージコースは、結果的にナチュロパシーコースとなり、ホメオパシー救急療法(同種救急療法)、ティッシュ・ソルト、アロマセラピー、リフレクソロジー、ハーブ、ヒーリング、バッチフラワーレメディーなどのレッスンを含んでいました。

こんな素晴らしい先生に巡り合えたのは幸運としか言いようがありません。私が教えていただいたとき、彼女はもう70歳を超えていて、50年間の経験を踏まえての教えでした。

次の先生からも、ナチュロパシーとハーブについて教授して貰いました。これは私にとってのイリドロジーコースとなりました。その先生は、Dr.JensenやDr.John Christopherと共に学んだ人ですが、両者はシリアル会社社長として有名なJ.harvey Kelloggの同僚であり、ナチュロパシー専門家です。

教える立場へ

私自身が教える立場になって、今までに学んだことを後進に伝えていこうという決心をしたのは、1985年のことです。自然療法のプラクティショナーには学びが終わるということはありません。今でもまだまだ私自身が実際の治療から学んでいる状態です。

英国では、獣医以外は動物を実験に使うのは禁じられていますが、私は自分の飼っているペットという範囲内で自分の知識を試してきましたが、良い結果が出ています。英国ではホメオパシーを施す獣医はまだあまり多くありませんし、ナチュロパシーにいたっては皆無です。

現在、私はインペリアル医科大学で教鞭をとり、また自宅でのプライベート治療や病院や各団体に向けての講演を行っています。

長い年月を掛けて多種の病気に苦しむ患者と向き合ってきました。ほとんどの患者は少しずつですが、確実に良くなってきましたが、中には効果が見られない人もいます。自分自身の健康に責任を持とうとしている患者には、自然療法は驚くばかりの効き目があります。

世界の状況の変化と共に、健康上の問題も変わってきています。変わりゆく問題の解決方法を見つけ出すために、私は毎日新しい気持ちでその問題に対処していこうと思っています。

試験・セミナー情報

JREC認定ライセンス