1. トップページ >
  2. 会員の活動 >
  3. マスター会員/生活テーピングコーディネーター会員 石山 玲子さん

会員の活動

マスター会員/生活テーピングコーディネーター会員
石山 玲子さん
「生活テーピングとリフレクソロジーに出会えて、今後に活かすこと」

石山 玲子さん

生活テーピングとの出会い

私がテーピングに興味を持ったのは、家族が野球の試合で膝を痛め、整骨院でテーピングを施して貰ってきたのを見てからでした。

「テーピングをして貰うと、痛みがやわらぐんだよね」という言葉を聞いて、私にもできないだろうかと考えました。しかし、素人がやみくもに巻いただけでは何かが違いました。やはり、筋肉の動きや場所などをしっかり理解していなければ逆効果なのでは・・・と思いました。

その当時、私はリフレクソロジーと出会ったばかりで、レギュラーライセンス取得に向けて勉強中でしたが、テーピングの勉強をしてみたいと考え、思い切って生活テーピングコーディネーター養成講座を受講してみることにしました。

勉強を始めるまで、テーピングはスポーツをする人だけのものだと思っていましたが、違いました。普段の生活に活用できるものなのだと、勉強を進めれば進めるほど強く感じました。また、スポーツテーピングと生活テーピングの違いも実感しました。痛みをやわらげるため可動範囲を制限し、固定するスポーツテーピングに対し、生活テーピングはガチガチに固定するのではなく、自然治癒力を補助するために若干痛みを残すものの、可動範囲内でテープの伸縮によって動作を助けてくれるのです。私が生活テーピングにはまった理由のひとつでもありました。

生活テーピングの面白さは、ちょっとでも張る位置を間違えると、全く意味をなさなくなってしまうことでした。コツをつかむまで何度も練習しました。

でも、やはり勉強は大変でした。通信教育で、一人で勉強しなければならないということ、東京のスクーリングに参加し、レギュラーライセンスの勉強との同時進行と、どちらもモチベーションを落とさず頑張れたのは、家族の協力とスクーリングで出会ったリフレやテーピングの仲間の存在があってこそのものだったと思います。

普段の生活の中で〜生活テーピングの活用と実践

リフレのトリートメントの練習の際、母が肩が痛いと訴えたため、習いたての『肩こりのテーピング』を施してみたところ、楽になったと喜ばれたことは、私自身、本当に嬉しかったです。

生活テーピングは普段の生活の中で使うことのできる、スポーツをしない方でも十分活用できるものなので、どんどん広めていけたらいいなと思います。

ただ、生活テーピングの基本や特徴を理解していないと、やはりかぶれなどが出てしまうようなので、テープの張り方、痛くない剥がし方などを解りやすいよう説明しています。

また、夫婦でゴルフをすることがあるのですが、内反捻挫の予防などに『足首保護のテーピング』を施してからゴルフをすると、長距離を歩いてもすごく楽で、足の裏の痛みの軽減や疲れ防止にもなるようで、とても役立っています。いつもプレー後に腰や足首が痛くなる私にとって、嬉しい驚きでした。それに、心なしかフォームの改善にもなっているような気がしています。

『腰痛のテーピング』は、オーダーメイドの腰痛ベルトをしているようだと大好評でした。張り方を教えると、家族に張ってあげたらとても喜ばれたんだよと言われることもあって、生活テーピングの輪が広がっていることがとても嬉しく思えました。

リフレクソロジーと生活テーピングを組み合わせて〜これからの夢

現在、私は作業指導員として福祉の仕事に携わっていますが、これからは職場の同僚たちにも施したり、張り方を教えていけたらと思っています。やはり、腰痛や膝の痛みを訴えている人たちが多く、何とかしてあげたいという思いがありますし、リフレクソロジーと組み合わせて生活テーピングを広めていけば、もっと楽になる人たちがたくさんいると思います。

また、現在私はマスターライセンスの勉強中ですが、ケースを取る際にも生活テーピングの素晴らしさや活用の幅の広さなども話しています。

このリフレクソロジーと生活テーピングに出会えたことは、私にとって大きな出来事でした。新しくいろいろな人たちに出会うことができ、良い刺激を受けることができました。電話での質問に快く答えてくださるTRAのスタッフの皆さま、こうして会報誌への寄稿の機会を与えてくださったJRECの皆さまに感謝をしながら、これからももっともっと勉強して、リフレクソロジーと組み合わせて施術し、多くの人が笑顔になれるよう日々努力していきたいです。

私には将来、リフレクソロジーと生活テーピングで開業したいという夢があります。その目標を達成するにはまだまだな私ですが、勉強を始めたときの気持ちと、一人でも多くの人たちのケアができるよう、向上心を忘れずに進んでいきたいと思います。

会報誌Holos No.28より

※執筆当時はレギュラー会員でマスターライセンス対応講座を学習中でしたが、現在マスター会員です。

プロフィール

JRECマスター会員/生活テーピングコーディネーター会員
石山 玲子さん(宮城県登米市)
作業指導員

試験・セミナー情報

JREC認定ライセンス