石田智恵子さん1
VOICE

石田智恵子さん #1

役職 : 外来師長・がん看護外来責任者・がん化学療法看護認定看護師

所属施設 : JCHO 船橋中央病院

私自身が効果を実感していたので、
患者さんのリラクゼーションに使いたいと思いました

Q. 今回の研修を受講しようと思った理由を教えてください

A. 15年ほど前から、がん患者さんの看護に関わるようになり、2005年に「がん化学療法看護認定看護師」の資格を取得しました。
抗がん剤治療では様々な副作用への対処が求められます。「吐き気」や「痛み」といった症状は薬を使ってある程度コントロールできますが、患者さんがしばしば訴える「倦怠感」は薬での改善の難しい不快な症状です。
これまで呼吸法や漸進的筋弛緩法(※)といったリラクゼーション法による改善を図ってきましたが、「もっと患者さんが楽になる技術はないだろうか。リフレクソロジーが効果的なのでは」と考えたのが受講のきっかけです。

※筋肉の緊張を感じた際に意識的に弛緩させることができるようトレーニングする方法。

石田智恵子さん2

Q. 患者さんの倦怠感を改善するために学びたいと思われたのですね

A. 抗がん剤治療で感じる不快な症状をリフレクソロジーだけで改善できるとは思いませんが、そのリラクゼーション効果に期待しています。
私が20代の頃に初めて体験した足裏マッサージが、現在受講しているリフレクソロジーと同じ「英国式」のマッサージでした。それまで足裏マッサージには「痛い」イメージがありましたが、その時私が受けたマッサージは極めてソフトなものでした。驚いたのは、50分程度の施術でひどい肩こりが軽快したり腸蠕動が劇的に改善したりしたことでした。そのうえ、とても心地よかったのです。
それからマッサージのリラクゼーション効果に興味を持つようになり、患者さんに施術することで苦痛を与えずに楽になっていただけるのではないか、と思っていました。

石田智恵子さん3

Q. ご自身で技術を取得して患者さんにも試してみたいと

A. ええ。ただし、安全面への十分な配慮は必要だと考えています。施術によって全身の循環がよくなり心拍数が挙がったり利尿が促進されたりしますが、循環動態が安定していない患者さんには負担が大きい場合もあります。施術前後には血圧を計るなどの慎重さが求められます。
この資格を取得している看護師は多いと聞いていますので、機会があれば施術の際の経験談を聞きたいと思っ ています。もちろん施術に当たっては主治医への確認が必要だと思いますが、確認の際に医師にどういう情報を提供すればいいのかなど、経験者の話は参考になると思われます。
患者さんに施術する前に、まず医療チームのメンバーに有効性を理解してもらうことも大切だと思っています。緩和ケアの医師に施術を体験してもらう機会を設けたいと思っています。

石田智恵子さん4

Q. ここまでの研修の中で、どのような手応えを感じていますか

A. 期待どおりの内容だと思っています。現在学んでいるのは、看護学生の頃に学んだ解剖整理と同様の内容ですが、復習するつもりで学んでいます。
リフレクソロジーでは「反射区」という身体の各臓器に対応する足裏のツボについて学びますが、初めて見たときは覚えられるのか不安でした。しかし、よく見てみると、足裏のツボは人体の臓器とほぼ同じ位置関係にあります。体内の臓器の位置をイメージしながらツボの位置を覚えていけばいいんだと思って安心しました。

石田智恵子さん5
石田智恵子さん
VOICE

石田智恵子さん #2

役職 : 外来師長・がん看護外来責任者・がん化学療法看護認定看護師

所属施設 : JCHO 船橋中央病院

実技をいかに反復して身に着けるかが大切であると感じました

Q. JRECのカリキュラムを振り返ってみて、業務や患者ケアにおいて役立つ知識は得られましたか。

A. 私としては、解剖生理学的な分野をあらためて学べた点と、施術の中で行うカウンセリング的要素について深い学びを得られた点が特に貴重でした。
リフレクソロジーのプロの方の施術の様子を見ていく中で、ふだん関わっている患者さんの生活背景に関しての情報を積極的に得た上で、仕事の中身や食生活、またストレスになるような生活因子がないかどうかなど、身体の状態が足裏に表れてくるような要素について細かくカウンセリングを行うわけです。
私自身、JRECでの受講内容は、主にリフレクソロジーの技術を取得する目的だけで捉えていたのですが、そうしたカウンセリングのスキルに関して学べることが多かったのは意外な点でもあり、ありがたかったですね。

石田智恵子さん8

Q. 看護師としていつも行っているカウンセリングとは別の視点の内容が必要だと?

A. もちろん、それほど違いがあるというわけではないのですが、JRECでは相手に聞くべき内容のシートが用意されていて、それに沿って情報を得ていくこととともに、さらに必要と考えることを聞いていくようなイメージでした。こうしたツールを活用する方法もそうですし、患者さんとの対話を重視しながら、必要な情報をカウンセリングとして十分に把握していくことの重要性について、あらためて認識させてもらったという印象ですね。

石田智恵子さん9

Q. 実習については、実際に受けてみてどのような印象を持ちましたか。

A. 最初に施術の様子をビデオで見たときには、単に流れを見るような感じで、それをどう効果的に自分で行えば、良い施術になるのかあまりピンときていなかったのです。その流れを覚えるために、家族に協力してもらって一通り実際に施術を行ってみたのですが、案の定、「あまり気持ちよくない」という反応で(笑)。
でも実際に実技を学んで、体重のかけ方や手足の力の入れ方などを実践的に学んだことで、自分ができていなかったこと、理解できていかなったのがどこかが明確に分かったんですね。実際に自分でやってみて腑に落ちました。やはり、リフレクソロジーは実践がとても重要で、どれだけ知識を詰め込むかよりも、実技をいかに反復して身に着けるかが大切であると感じました。
また実習の合間に何名かのインストラクターの方から施術を受けて、それぞれ人によって受ける感じが微妙に違うことも分かりましたし、リフレクソロジーの奥深さをあらためて知らされた思いでしたね。

石田智恵子さん10

Q. 今回資格を取得して、そのスキルや技術を今後どのような形で生かしていきたいと考えていますか。

A. 私自身、技術はまだまだ未熟ですから、まずは実践的な場数をどんどん踏まなくてはいけないと思っています。そして今後は、私はがん患者さんに関わることが多いので、緩和ケアの面でリフレクソロジーの効果を生かすことができないかと考えています。体の倦怠感に悩む患者さんや、寝たきりになっているので気分転換が必要な方、不快感に近い痛みのある方などには、リフレクソロジーはきっと効果があると感じています。
そうした活用を実際のものにしていくためにも、院内に今回の受講内容を周知していく必要があり、その際には当然リスクの評価も重要です。さらに医師に対して効果を主張する場合には、データによる裏付けは欠かせません。だからこそ今回、JRECが発行するリフレクソロジーに関する書籍を購入して必要なデータを収集し、エビデンスをもとに医師やスタッフにリフレクソロジーの効果について紹介していきたいと考えています。

石田智恵子さん11

Q. 効果を医師に理解してもらうために必要なデータには何が挙げられますか。

A. たとえば施術前後で循環動態がどう変わっていったかを示すデータや、施術によってバイタルサインがどう変化するかを表す客観データが欲しいですね。実際に臨床の中で、ふだんのバイタルサインをチェックしながら、施術後に計測して数値変化がどうなっているのかといったデータを蓄積していくことは必要だと思います。

石田智恵子さん12

Q. 今後は、受講で学んだことを具体的にどう院内で広めていきたいですか。

A. 私1人の力で周知を徹底していくことはなかなか難しいですから、下村さんと力を合わせて具体的な企画を立てていきたいと考えています。
たとえば院内のスタッフ向けにリフレクソロジーを提供するサロンコーナーを設けて、「仕事終わりに癒しの時間はいかがですか?」と呼びかけるのも面白いのではないでしょうか。立ち寄ってくれた人に施術をすれば、私たちにとっても練習の一環にもなりますし、そこで心地良さを感じてもらえれば、リフレクソロジーへの理解や浸透にもつながるでしょう。
そして他科のスタッフからも、効果が適応する患者さんを紹介してもらって、施術を一人ひとりに提供できるような流れをつくりたいですね。そうした具体的な活動を通じながら、次のステップに進んでいきたいと思っています。

石田智恵子さん13
石田智恵子さん
VOICE

石田智恵子さん #最終回

役職 : 外来師長・がん看護外来責任者・がん化学療法看護認定看護師

所属施設 : JCHO 船橋中央病院

あらゆる看護の現場で
活かせる知識と技術を実感しています

Q. 資格取得から約1年が経ちました。
  リフレクソロジーを院内でどのように役立ててきたか教えてください。

A. いま現在、2つの方向で活用しています。1つはリフレクソロジー資格取得のきっかけにもなった、がん患者さんの緩和ケアです。 もう1つは、昨年4月から担当している新人看護師育成のための研修です。ストレスマネジメントの一環として、リフレの施術が受けられるよう体制を整えました。

石田智恵子14

Q. 施術を受けた方の反応はいかがですか?

A. がん患者さんからは「楽になった」とおっしゃっていただいています。ターミナル期(※)の患者さんに施術する機会があり、その方は慢性的な倦怠感を訴え、お顔にも苦痛の表情が強く出ていらっしゃいました。施術を終えるととても和らいだお顔になって。お役に立てたという実感がありましたね。 受講中は、もう少しステージが前の抗がん剤治療中の患者さんを対象とした緩和ケアをイメージしていました。資格を取得し、実際に様々ながん患者さんへの施術を通じて「抗がん剤治療を終えてステージが進んだ方」にもリフレクソロジーは有効だという手応えを感じています。
※ターミナル期=がんの終末期

石田智恵子15

Q. がん患者さん以外の患者さんへの施術も考えていますか?

A. そうですね。認知症をはじめとした脳神経系の患者さんにも向いているように思います。英国式リフレは足裏を刺激するといっても痛みはわずかです。脳へちょうどよい刺激を与えられるのではないでしょうか。また、オイルやパウダーを使うので、嗅覚からの刺激も期待できると思います。 その他、訪問看護にも役立てられると考えています。当院の訪問看護師の一人が患者さんにマッサージを施しており、患者さんはそのマッサージが好きで訪問を楽しみにしてくれていると聞きました。リフレもマッサージと同様リラックス効果があるので、訪問看護というケアを受け入れ易くするツールの一つになると感じています。

石田智恵子16

Q. 新人教育での反応はいかがですか?

A. 基本的には希望者を対象として施術しているのですが、「足先があたたかくなった」「むくみが和らいだ」という感想が多いですね。立ち仕事のせいか、足の冷えやむくみを訴える看護師は少なくないです。 新人は、不慣れな環境からくるストレスを抱えがちです。新人研修のアンケートから、特にストレスが溜まっていそうなスタッフがわかるので、私から声をかけることもありますね。興味を持っていても遠慮してしまうスタッフもいるので。

石田智恵子17

Q. なるほど。新人としては先輩に施術して欲しいと言い出し難いのでしょうか

A. そうですね。リフレクソロジーは足裏を素手でトリートメントするので、恥ずかしさもあると思います。スタッフへの施術は、院内に設けたサロンコーナーで行っています。施術の前に足湯に浸かれるようにするなど、施術を受け入れやすくする仕組みづくりがこれからの課題です。 リフレは、足裏の刺激による効果はもちろん、施術中のリラックスしている状態でリフレクソロジストと話すことも、ストレス緩和に役立てられると感じています。施術は「話を引き出すコミュニケーションツール」でもあると思うんですね。話すことを通じて楽になる、そんな場でもあって欲しいと考えています。

石田智恵子18

Q. 院内の福利厚生としても役立てられそうですね。
  新人以外のスタッフへの施術も考えていますか?

A. はい。なるべく多くの方にリフレクソロジーを体験して欲しいので、新人さんに限らず受け付けています。 医療現場はスタッフ向けの癒やしの場を設け難い環境です。リフレのサロンがスタッフのリラックスできる場として機能できれば、という思いもあります。 施術を受けることはリフレへの理解に繋がるので、リフレの知識や技術周知のためにも続けたいですね。施術を受けたスタッフの中には、リフレの資格取得に興味を持つ人もいて、よい動機づけになっていると思います。

石田智恵子19

Q. リフレクソロジーを実際に施術することで、何か気づいたことはありましたか?

A. 特定の分野だけでなく、多岐にわたる看護の現場でリフレクソロジーは支えになりうると感じました。看護師は、院内の配置換えなどで関わる患者さんが変わることがあります。私自身も昨年から新人教育の責任者として赴任しましたが、新人教育の場でもリフレを役立てることができています。 データを集めるのはこれからですが、患者さんスタッフ双方のQOL(※)向上に期待できると気づくことができたのも大きな収穫です。
※QOL=quality of life、生活の質

石田智恵子20

Q. 最後に、リフレクソロジー資格取得を考えている看護師さんにメッセージをお願いします

A. リフレクソロジーはリフレクソロジストとクライアント一対一で行う、個人で活動できる資格です。でも、病院など看護の現場で活用するには、仲間が多いほうがいい、そうあらためて感じた1年でした。上司をはじめ所属しているチームの理解無くしての施術は難しい現状があります。私もリフレ資格を持った看護師仲間とともにサロン開設の働きかけをしてきました。資格を取りたいと思ったら、ぜひまわりのスタッフも巻き込んでもらいたいと思います。仲間がいることで、リフレの効果が注目されているという説得力も増します。
最近の患者さんは、癒やしを求める傾向が強いと感じています。そのため「患者さんがリラックスできるケアの技術を身に着けたい」と考える看護師も増えています。リフレの知識や技術が、スタッフ各々の理想とするケア実現の一助になれるとうれしいです。

石田智恵子21

編集部より

石田さんは、今回の学びを、これからスタッフに広く周知しながらスキルの標準化をはかり、現場で患者さんにどう生かしていくかを考えていく段階に入っていきたいとおっしゃっています。次回は、現場導入への実践の様子を取材させていただき、読者の方々に紹介していきますのでご期待ください。